モブキャストとは

― 何にFOCUSして働いていますか?
「楽しく仕事をすること」が、僕の中では一番大事なことです。雑談をしながら、ただ手は止めずに、周りの人と盛り上がりながら仕事をすることがストレスをためない良いやり方だと思っています。ゲームは娯楽なので、楽しい現場から生まれたゲームってより深いところでユーザーがワクワクするものになると思います。

また、目の前の仕事だけではなく全体を見るように意識することが大切だと思っていますが、意識するようになってから、リーダーのポジションを任せられるようになりました。特に数字を見てから変わりましたね。ゲームは一人では作れないことを改めて実感するようになり、業務を誰かに任せることや、チームの雰囲気を大切にするようになりました。みんなが満足できるものを出すために、大筋の方針は決めておき、細かいところはチームメンバーでブレストをして決定しています。また、所属チームや他のチームの意見も取り入れて、うまくユーザーに届けられればいいなと思っています。
― モブキャストの魅力について教えてください
70億人をワクワクさせるという大きな目標に向かって、全員が真剣に取り組んでいます。
その中で、どうやったら目標を達成できるかを真剣に考え、チーム全体でやりきることにやりがいを感じています。
また、仲間と意見をぶつけ合ったり、プロジェクトを問わず助け合えるところが魅力だと思います。
― 今後の仕事での目標はなんですか?
「楽しく仕事をすること」を追及していきたいと思います。最終的にはユーザーがわくわくするゲームを作ることがゴール。チームの全員が面白いと思えるものをユーザーに提供で、プロジェクトが成功することで全員が楽しく仕事ができると考えています。そのために、各ステージやキャラクターなど細かい部分まで、チームで毎回振り返り、PDCAをしっかり回してゲームをもっとよくしていきたいです。個人的には、今後も運用チームで数字を追いかけていきたいと思っています。原因を分解して、見えてきたものを参考に施策を打つと、売上に反映されていくという様子が面白くやりがいを感じています。

1日の過ごし方

  • 09:30

    出社

    業務開始前に前日のKPIを確認します。

  • 09:50

    スケジュール管理

    チームメンバーへのKPI共有と直近の施策の確認。また、全社的な連絡事項を伝達します。

  • 10:15

    チームリーダー共有

    プロモチーム、分析チーム、CS/QAチームとプロジェクト間の情報共有を行います。
    即時対応が必要なものの方針決定や準備を進めている施策の進捗を確認します。

  • 10:30

    開発チーム共有

    開発チームとタスクの進捗状況の確認を行います。仕様の再確認やチェックスケジュールのハンドリングを行います。

  • 11:00

    分析連携会議

    分析チームの分析をもとに、施策について検討を行います。

  • 13:00

    ランチ

    会社から出て外で食べます。他のプロジェクトメンバーと情報交換する場になっています。

  • 15:00

    施策・データ作成

    ユーザーの傾向やKPIの分析結果をもとに施策の立案やデータを作成、チェックしていきます。

  • 17:00

    ゲームデータ更新

    作成したデータを本番環境に反映していきます。

  • 18:00

    ゲーム内確認

    ゲーム上やSNS上を確認して、ゲームに問題がないかチェックしていきます。

  • 19:00

    退社

    問題がないことを確認して退社します。プロジェクトを問わず、社内メンバーと一緒に食事することも多々あります。