モブキャストとは

― 何にFOCUSして働いていますか?
相手に言われたことの背景をよく考えて、半歩先をいけるよう心掛けて仕事をしています。
相手が何を求めているか、その周りのことまで考えられているかなど、すべての業務において当事者意識を持ち、視野を広くして対応するようにしています。

現在の所属部署の業務内容が多岐に渡ることや、社内広報をやらせて頂くようになってから、もっと会社のことを知りたい、よくしたいと思うようになになりました。

会社のことをもっと知りたいと思っていると、常に自然とアンテナを張り巡らせているようで、朝礼や会議などで発せられたちょっとした言葉が無意識に自分の中に入っくるようになりました。そうすると、その言葉をどのように自分なりに形にするかを考えるようになり、提案してみようと思えるようになりました。
ひとつひとつの仕事はバラバラに見えても、実は線で繋がっているなと改めて感じます。
また、一緒に仕事をする相手や部署の状況を踏まえて臨機応変に対応できるようになると、好循環が生まれ、仕事もスムーズにいくようになるということも感じました。
― モブキャストの魅力について教えてください
なんといっても「ヒト」だと思います。
仕事ではいい意味でライバルがたくさんいて、切磋琢磨し合える環境がある。
その反面、息抜きするときは、思いっきり笑いながらなんでも話せる仲間がいる。
オンとオフの両面で、働く仲間に恵まれているなと思います。
― 今後の仕事での目標はなんですか?
今の自分が置かれている環境だからこそできる仕事があると思っています。
会社の主要会議への運営や事務局としての参加もそのひとつではないかと思います。
運営側でもせっかく参加する会議なのだから自分自身でも何かを吸収して帰ってきたいと常に思っています。またインプットだけではなく、それを持ち帰ってきて社内へアウトプットするということは、今後社内広報として力を入れていきたい部分です。
経営層がどれだけ会社や部下のことを思って物事を決めているかを見ているからこそ、ちゃんと会社の仲間に伝えたいと思います。

1日の過ごし方

  • 09:30

    出社

    10時始業ですが早めに出社し、まだ人が少ないオフィスで30分仕事をするのが日課。集中し、10時からの始業がスムーズです。

  • 11:00

    プレスリリース配信

    配信時間はその内容によって異なりますが、会社から出すものにミスがあってはならないので、全神経を張り巡らせて何重にもチェックをして配信します。

  • 12:00

    原稿作成

    プレスリリースの原稿作成を行います。現場の担当者とやりとりをしながらブラッシュアップして完成させていきます。

  • 13:00

    ランチ

    ほぼ社内で食べます。会社の周りにはテイクアウトできるお弁当屋さんがたくさんあるので全く困りません。デスクで食べながら、ネットサーフィンをして情報収取やニュースを読む時間にしています。

  • 15:00

    企画考案

    社内広報としての企画や、会社全体の会など、主幹しているものの企画を考えます。実行するまで、考えて、ブレストして、また考えて・・・と試行錯誤しながら創りあげます。

  • 17:00

    会議

    定例の部の会議を行います。ここで1週間の進捗の確認を行うことでタスク洩れを防ぎ、全員の情報共有の時間にします。

  • 19:00

    帰社

    帰れる日は帰る!残る日はとことん残る!とメリハリを意識しています。

  • 21:00

    ヨガ

    オン、オフを意識することで自分の趣味の時間をきちんととることができます。