モブキャスト、 山本貴光氏と「プロ契約」を締結 特設ページ・インタビュー記事を公開

株式会社モブキャスト(本社:東京都港区、代表取締役:藪考樹)は、山本貴光氏とプロ契約を締結したことを発表いたします。それに伴い、当社独自の雇用形態である『プロ契約』について特設ページ及び山本貴光氏のインタビュー記事を公開いたしました。

__________________________720

プロ契約特設ページ:https://games.mobcast.co.jp/recruit/talent_pro
山本貴光氏インタビュー:https://games.mobcast.co.jp/recruit/talent_pro/members/member01/

 山本貴光氏は、1994年に株式会社コーエーへ入社し、プログラマー、プランナーとしてゲーム開発に従事され2004年に退職後、同年に最初の本『心脳問題――「脳の世紀」を生き抜く』(吉川浩満との共著、朝日出版社)を刊行し、それ以来、執筆活動を続けています。また2005年頃からは、長年の経験を生かし、専門学校や大学で教育にも携わっていらっしゃいます。

 今回、「世界70億人をワクワクさせる」という弊社のビジョン実現のために山本貴光氏にご参画いただきました。弊社独自のコンセプトである、戦略性の高いゲームとプレイヤー同士が競い合いを楽しむことができる空間「SVS(Social Victory Space)」に沿った運営を徹底するために、プランナーを含む週1回のクリエイター研修の講師やプランナー職のスキル評価の設計及び評価をしていただきます。

また、新作ゲームを短期間で開発するモブキャスト独自のゲーム開発スタイルMSGD(Mobcast Style Game Development)を洗練させていきます。

「プロ契約」とは、高いスキルや実績を有する方を対象にした雇用形態です。就業規則にとらわれることなく、週1日等、自己管理で働く事が可能となります。高い成果には高いリターンで報いるため、定額報酬の他に、ロイヤリティインセンティブ等の成果報酬も期待することが可能となります。当社では2016年度内に30名のプロ契約を締結することを目標に採用を進めております。